ブログネタ
好きな魚の食べ方を教えて! に参加中!
最近は回転寿司で安価な江戸前寿司を食べられるようになりました。

あれはたとえば「いくら」って名前のものがあっても「いくらっていう商品」のものなんで、本物のいくらを使わなくてもいいんですね。

そこまでやるとどうかなあ?っていう気がしますが、たとえば「まぐろ」とか「えんがわ」ぐらいだったら回転寿司でも、変なもんではないと思う。

そして困ったことに「寿司っていう形態の食品としては結構良くできてて満足できたりする」っていうのが現在の回転寿司。 シャリ、ネタ、醤油のバランスが結構良くできてたりする。

江戸前寿司には「仕事をする」という考え方がありますが、回転寿司もまた「仕事のしてあるもの」と考えたら、それはそれで味わい深いものなのかもしれません。そもそもジャンクフードですしね。

けど、富山で食べたホントの寿司は最高に最高にうまかった。あんなもんあれから食ったことねえ。